病原性の低い新型インフルエンザへ対応するため、新たな臨時接種の枠組みを作ることなどを盛り込んだ改正予防接種法が、7月15日の参院本会議において全会一致で可決、成立した。

ログインして全文を読む