厚生労働省は7月4日、「臨床研修の評価に関するワーキンググループ(WG)」(座長は国立病院機構名古屋医療センター院長の堀田知光氏)の初会合を開催した。新医師臨床研修制度は、プライマリケアの診療能力の高い医師の養成を目的として、2004年度に導入された。

ログインして全文を読む