日本医師会は6月29日、介護保険関連の制度改正に関する見解を発表した。6月15日に国会で成立した改正介護保険法などに対して、常任理事の三上裕司氏は「評価できる部分はあるが、問題点もある」と指摘し、具体的な内容に言及した。

日医、介護保険法の改正について見解を表明の画像

ログインして全文を読む