首都圏(東京・埼玉・千葉・神奈川)の災害拠点病院135病院のWebサイトで、視覚や聴覚、四肢、知覚などに障害がある人向けの対策が遅れていることが明らかになった。これは、日経BPコンサルティングが行った「災害拠点病院Webサイト ユーザビリティ調査2011」の結果。

障害者への配慮のなさが目立つ医療機関のwebサイトの画像

ログインして全文を読む