日本ベーリンガーインゲルハイムは6月17日、抗凝固薬ダビガトラン(商品名:プラザキサ)を処方されていた「腎障害を有する高齢の患者」に重篤な出血性の副作用が発生したことを受け、医療関係者向けに「適正使用のお願い」を発行した。同文書は医薬品医療機器総合機構(PMDA)のホームページ上に掲載された。

ログインして全文を読む