協和発酵キリンは6月16日、同社が製造販売する抗てんかん薬「デパケン(一般名バルプロ酸ナトリウム)」が片頭痛の発作予防の適応を取得したと発表した。片頭痛の予防薬としての適応を取得した薬剤は、カルシウム拮抗薬ロメリジン(商品名テラナス、ミグシス)に続き2剤目となる。

ログインして全文を読む