日本看護協会は6月10日、記者会見を開き、6月7日の総会の選挙で新会長に選出された坂本すが氏が就任のあいさつを行った。協会発足後初となった今回の会長選挙では、協会の推薦委員会が推した前執行部の副会長の坂本氏と、日看協の正会員10人以上の推薦を受けて立候補した、国立看護大学校長の田村やよひ氏の一騎打ちとなり、田村氏の227票に対し坂本氏が522票を獲得して当選した。

坂本すが氏が日本看護協会の新会長に就任の画像

ログインして全文を読む