6月11日に東京で開催された第50回感染性腸炎研究会総会で国立感染症研究所細菌第1部長の大西真氏は、欧州で猛威を振るっている腸管出血性大腸菌(EHEC)のO104:H4について、これまで明らかになっている特徴などについて緊急情報提供を行った。

ログインして全文を読む