ドイツなどを中心に、腸管出血性大腸菌(EHEC)の感染が広がっている。EHECに伴う合併症として溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症するケースが続出しており、多くの成人がHUSを発症していることなど、従来とは異なる臨床像が注目されている。

ログインして全文を読む