6月3日、札幌市で開催された第14回日本臨床救急医学会総会の特別企画「東日本大震災特別報告会」において、岩手県の災害対策本部で指揮を執った岩手医科大学附属病院岩手県高度救命救急センターの秋冨慎司氏と宮城県災害医療コーディネーターでもある石巻赤十字病院の石井正氏が講演し、震災対応で直面した様々な課題について報告した。

ここがダメだった、東日本大震災の医療支援の画像

ログインして全文を読む