妊娠中の子宮頸管長が20mmを切ると早産のリスクがかなり高まることが、子宮頸管長の短縮と早産との関連を調べた多施設共同研究で明らかになった。5月28日に都内で開催された第84回日本超音波医学会学術集会で、富山大産科婦人科診療准教授の塩崎有宏氏が発表した。

子宮頸管長が20mmを切ると早産リスクが高まるの画像

ログインして全文を読む