5月18〜19日に愛知県名古屋市で開催された日本神経学会にて、パーキンソン病治療ガイドラインの改訂内容が解説された。同ガイドラインは2002年に作られ、2011年4月に改訂。東北大神経内科准教授の武田篤氏が、早期・進行期におけるパーキンソン病と幻覚・妄想の治療に関するポイントを説明した。

10年ぶりに改訂されたパーキンソン病診療ガイドラインの画像

ログインして全文を読む