まとまった休みが取りやすいとして全国の病院で導入が進んでいる看護職の2交代制勤務。だが、実際には労働環境が苛酷で、働く看護職の離職の意向も高いことが、日本看護協会の「2010年 病院看護職の夜勤・交代制勤務等実態調査」で明らかになった。5月31日、日看協が調査結果の速報を公表した。

ログインして全文を読む