日本医師会は5月12日、2012年度の診療報酬、介護報酬改定の見送りについて厚生労働省に申し入れを行うことを明らかにした。それに併せて、今年度の医療経済実態調査や薬価・保険医療材料価格調査の中止も求めていく。これは東日本大震災の被災地の復興を優先すべきとの見解に基づくもの。

日医が診療報酬・介護報酬改定の見送りを厚労省に申し入れの画像

ログインして全文を読む