非小細胞肺癌治療薬のゲフィチニブ(商品名イレッサ)の副作用で死亡したなどとして、遺族や患者が国とアストラゼネカに対し損害賠償を求めていたイレッサ訴訟で、東京地方裁判所(松並重雄裁判長)は3月23日、国とアストラゼネカに対し合計1760万円を支払うよう命じる判決を出した。

イレッサ訴訟、国とアストラゼネカに賠償命令の画像

ログインして全文を読む