厚生労働省は3月4日、「小児用肺炎球菌ワクチン(商品名プレベナー)」と「インフルエンザ菌b型結合体(Hib)ワクチン(同アクトヒブ)」の接種を一時的に見合わせるよう、自治体および関係製造販売業者に連絡した。これらのワクチンを含むワクチン同時接種後の死亡例が、3月2日から4日までに4例報告されたことによる。

小児用肺炎球菌ワクチン、Hibワクチンの接種見合わせを厚労省が指示の画像

ログインして全文を読む