日本製薬工業協会(長谷川閑史会長)は3月2日、「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」を策定したと発表した。会員各社は、医療機関などに支払った研究費や個々の医療関係者に支払った原稿料などについて、インターネットなどで公開する。

ログインして全文を読む