日本再生医療学会は3月2日、再生・細胞医療の安易な実施に警鐘を鳴らす勧告文を発表した。同学会の会員に対し、再生・細胞医療は、「ヒト幹細胞を用いる臨床研究に関する指針(ヒト幹指針)」や薬事法、ガイドラインなどの下で臨床試験や臨床研究として行い、そのほかの安全性・有効性が証明されていない医療行為には関与しないよう強く求めた。

安全性・有効性が不明な再生医療に学会が注意喚起の画像

ログインして全文を読む