認知症末期患者に対する人工的な栄養・水分補給(artificial nutrition and hydration:ANH)の導入にかかわったことがある医師のうち約9割が、患者や家族と共に方針を決める上で何らかの困難を感じていたことが分かった。

認知症末期患者への人工栄養・水分補給、9割の医師が「導入判断難しい」の画像

ログインして全文を読む