武田薬品工業は2月21日、同社が製造販売する蛋白分解酵素薬「ダーゼン(一般名セラペプターゼ)5mg錠、同1mg錠、同顆粒1%」を、同日から自主回収すると発表した。回収は3月4日までに行う。今後、一定の経過措置期間を経て薬価基準から削除され、承認整理(製薬企業側からの申し出による承認の返上)となる可能性が高い。

ログインして全文を読む