2010年の救急出動件数は09年比6.7%増の546万3201件で、07年の529万件を超えて過去最高となったことが、2月18日の総務省消防庁の発表(速報値)で分かった。救急搬送人数は497万9213人で、同じく05年の495万人を超えて過去最高。なかでも7月1日〜9月30日の熱中症による救急搬送人数が前年と比べ急増しており、昨夏の猛暑が救急出動に与えた影響の大きさがうかがえた。

2010年の救急出動件数、546万3201件で過去最高にの画像

ログインして全文を読む