政府は1月28日、札幌地裁が示したB型肝炎訴訟に関する和解案を受け入れることを発表したが、集団予防接種を受けている場合でも、ほかの要因によるB型肝炎ウイルス(HBV)の感染だと判断できる場合には、補償の対象から外す考えだ。

ログインして全文を読む