厚生労働省の「厚生科学審議会疾病対策部会臓器移植委員会」(委員長:東京大医学系研究科教授の永井良三氏)は2月1日、約5カ月ぶりに会合を開催。2010年7月に改正臓器移植法が全面施行されて以来、脳死下の臓器移植事例が増加の一途をたどっていることを受け、その適切性を検証する「脳死下での臓器提供事例に係る検証会議」のあり方について、活発な議論が交わされた。

ログインして全文を読む