アストラゼネカは1月24日、イレッサ訴訟について和解勧告を拒否することを決め、大阪地裁と東京地裁に文書で回答したと発表した。

ログインして全文を読む