厚生労働省は1月14日、感染症法施行規則の一部を改正し、薬剤耐性アシネトバクター感染症を5類感染症に指定した。定点医療機関は2月1日から、発生状況を報告しなければならない。

ログインして全文を読む