1月14日、菅直人首相は第2次改造内閣の入閣メンバーを発表し、経済財政・税と社会保障担当相に立ちあがれ日本を離党した与謝野馨氏を任命した。与謝野氏は以前、自民党内で消費税増税による社会保障安定化を主張するグループの中心的存在であったこともあり、任命には消費税と社会保障に関する与野党の協議進展を図る狙いがある。

与謝野馨氏が経済財政・税と社会保障担当相にの画像

ログインして全文を読む