政府は12月24日の臨時閣議で2011年度の予算案を決定した。一般会計の総額は過去最大の92兆4116億円。年金や医療などの社会保障関係費も、過去最大の28兆5153億円(前年度比5.3%増)に上る。うち医療分は、同4.9%増の9兆9250億円となった。

ログインして全文を読む