文部科学省は12月22日、第1回「今後の医学部入学定員の在り方等に関する検討会」を開催した。検討会では、医学部入学の定員増にかかわるこれまでの取り組みを検証・評価し、2012年度以降の医学部入学定員のあり方を議論する。今後、これから1年程度かけて結論を導いていくという。

文科省が医学部定員のあり方に関する検討会を設置の画像

ログインして全文を読む