日本医師会と米穀安定供給確保支援機構は11月18日、東京都内で「食育健康サミット2010」を開催した。今回は「メタボリックシンドロームの科学とその対策 〜飽食時代の生活習慣病対策と日本型食生活の役割〜」をテーマとし、糖尿病・脂質異常・肥満といった生活習慣病やメタボリックシンドローム(METS)の生物学的背景、これらを予防するための保健指導などについての講演が行われた。

ログインして全文を読む