厚生労働省は11月11日、麻疹の診断に使われているIgM抗体検査で擬陽性が出ていることなどを受け、麻疹の届け出の際、保健所などを通じて可能な限り遺伝子検査を行うよう通知を出した。

ログインして全文を読む