10月28日に発表された2010年度の医師臨床研修マッチングの結果によると、大学病院にマッチした学生は47.9%で、昨年度の49.7%から1.8ポイント下落。結局、市中病院が6年連続で大学病院を上回る結果となった。大学病院本院の定員充足率は平均で74.5%。充足率が100%だったのは、東京医科歯科大、名古屋市大、京都府立医大、大阪医大、近畿大、兵庫医大の6校で、関西勢の健闘が目立った。

大学病院本院の定員充足率、自校出身者率ランキングの画像

ログインして全文を読む