10月21〜22日に東京で開催された日本感染症学会東日本地方会と日本化学療法学会東日本支部総会の合同学会のワークショップ「抗インフルエンザ薬の適正使用」で、今シーズン、新たに2つの薬剤が加わった抗インフルエンザ薬の使い分けや、抗インフルエンザ薬を投与しないという選択肢などについて議論された。

ログインして全文を読む