癌治療ワクチンの臨床試験に問題があるとした10月15日付朝日新聞の報道を受けて、東京大学医科学研究所は10月15日、記者会見を開催。「専門医なら誰でもありふれた事象と認識している」(東大医科研ヒトゲノム解析センター教授の中村祐輔氏)、膵臓癌における消化管出血をことさら問題視するなどした記事内容に対し、大きな疑義と不信を示した。

朝日の癌ワクチン報道に対し、東大医科研が会見の画像

ログインして全文を読む