厚生労働省は、10月6日、成人T細胞白血病(adult T-cell leukemia:ATL)の原因ウイルスとして知られるヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)の抗体検査を、妊婦健康診査の標準的な検査項目に追加し、かつ、検査費用を公費負担の対象とする旨を、都道府県宛に通知した。とする旨を、全国自治体宛に通知した。

ログインして全文を読む