国立がん研究センターと日本歯科医師会は、癌患者に対する歯科医療で連携体制を構築する。まずは、がんセンターで手術を受ける予定の関東圏在住の患者を対象に、手術前に地元の歯科医を紹介し、口腔ケアなどを受けた上で手術を行う体制を整える。将来的には、全国のがん診療連携拠点病院と都道府県歯科医師会との連携に拡大させることも目指す。

ログインして全文を読む