厚生労働省は8月27日、第12回厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会を開催。部会の下に小委員会を発足させ、インフルエンザ菌b型、肺炎球菌、ヒトパピローマウイルス(HPV)、水痘、流行性耳下腺炎、B型肝炎、ポリオ、百日咳の8つのワクチンについて定期接種化に向けて評価、検討することを了承した。

ログインして全文を読む