厚生労働省は8月26日、来年度の概算要求を発表。1287億円を要求した特別枠には、医師確保や子宮頸がん予防のための事業などを盛り込んだ。中でも、子宮頸がん予防に対して150億円を要求した点が注目される。

子宮頸癌ワクチンにだけ150億円の助成費用を要求の画像

ログインして全文を読む