厚生労働省はこのほど、2009年度の概算医療費が前年度3.5%増の35兆3000億円になり、初めて35兆円を超えたことを明らかにした。これは、審査支払機関で処理されたレセプトデータと公費負担を分析した結果。

ログインして全文を読む