第42回日本動脈硬化学会総会・学術集会(7月15〜16日、開催地:岐阜市)で同学会副理事長の寺本民生氏(帝京大教授)は、脂質異常症の診断の指標となる低比重リポ蛋白コレステロール(LDL-C)値は、直接測定法ではなくフリードワルドの式から求めるべきとの見解を改めて強調した。

LDL-CはF式から求めることを改めて呼びかけの画像

ログインして全文を読む