日本医学会の利益相反委員会(委員長は徳島大大学院教授の曽根三郎氏)は、7月15日に開かれた日本医学雑誌編集者会議(JAMJE)との合同シンポジウムで、「医学研究のCOIマネージメントに関するガイドライン」の案を発表した。COIとはconflict of interestの略で、利益相反と訳されることが多い。今後、日本医学会加盟の各学会からの意見を聞いた上で、今年度中にまとめる予定。

ログインして全文を読む