国立がん研究センターは7月1日よりセカンドオピニオン外来を設置し、12日から運用を開始したことを明らかにした。「がん相談対話外来」の名前で設置された新外来は保険適用外で、受診料は1回1時間程度で2万6250円(病理相談の場合は3万1500円)。従来のセカンドオピニオンと異なり、医療内容のオプションを示すだけでなく、精神的なケアも行っていくのが特徴だ。7月14日の定例記者会見で明らかにした。

がん研究センターが相談外来を設置の画像

ログインして全文を読む