日本政策投資銀行はこのほど、「進む医療の国際化〜医療ツーリズムの動向〜」と題したリポートを発表した。2020年時点での潜在需要としては、日本に医療目的で渡航するツーリストは年間43万人、観光を含めた市場規模は約5500億円、経済波及効果は2800億円を期待できると試算している。

日本の医療ツーリズムの潜在市場規模は2020年時点で約5500億円の画像

ログインして全文を読む