日本医師会は6月1日、都内ホテルにおいて、新執行部の役員就任披露パーティーを行った。冒頭のあいさつに立った日本医師会長の原中勝征氏は、「国民の健康を守るのがわれわれの義務。国民皆保険を続けられる社会を、政府与党とともに努力していきたいと考えている」と話し、今春の診療報酬改定で改定率が引き上げられたことを評価。「日本の医療崩壊を防ぐためには医師を増やし、医療費を増額するしかないということを理解していただかないといけない。われわれは利益のために行っているのではない」と強調した。

民主、自民の両党首がそろって日医のパーティーで挨拶の画像

ログインして全文を読む