安静時や就寝時に足がむずむずするなどの異常感覚が生じる、「むずむず脚症候群」の疑いがある人のうち、医療機関に受診しているのはわずか4.5%で、そのうち7割は正しく診断されていない可能性があることが明らかになった。これは、日本べーリンガーインゲルハイムがインターネットを通じて2万人に調査を行った結果。

ログインして全文を読む