日本では、患者の病院へのアクセスが早く、抗インフルエンザ薬が早期に投与されたので、新型インフルエンザによる死亡率が低かった――。多くの専門家の指摘を裏付けるような調査研究の結果が発表された。

日本の死亡率の低さは早期アクセスと抗ウイルス薬投与の影響?の画像

ログインして全文を読む