米国で、“院内禁煙”、“敷地内禁煙”から一歩進み、喫煙者は新規採用しないことを宣言する医療機関が増えている。米テネシー州で2つの急性期病院や画像診断センターなどを運営するメモリアルシステム・ヘルスケアは、今春から、「タバコを含むニコチン含有物を使用する人物は雇用しない」と発表した。

ログインして全文を読む