構造改革特区推進本部評価・調査委員会 医療・福祉・労働部会は3月26日に、ナースプラクティショナー(NP)の必要性に関する調査意見の取りまとめを行った。意見書は、月内に同推進本部の委員会に提出する。調査審議意見では厚生労働省に対し、養成現場の関係者などの協力を得て、来年度から特定看護師による特定の医行為の試行を行い、その結果に基づいて、新たな枠組みの制度化に向け具体的な措置を講じるよう求めている。

ログインして全文を読む