厚生労働省の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(座長:慶應大名誉教授の相川直樹氏)が3月25日に開かれ、基幹型研修病院の指定基準や、募集定員に対する激変緩和措置の廃止などについて合意した。

基幹型研修病院の激変緩和措置を廃止への画像

ログインして全文を読む