厚生労働省の「チーム医療の推進に関する検討会」は、3月19日、「特定看護師(仮称)」の創設を盛り込んだ報告書を取りまとめた。報告書では、チーム医療の推進には看護師などの医療スタッフの役割の拡大が不可欠であると明記。看護師の役割拡大については、(1)看護師が自律的に判断できる機会を拡大する(2)看護師が実施し得る行為の範囲を拡大・明確化するとの方針を打ち出した。

厚労省、「特定看護師(仮称)」の創設を含めた報告書を発表の画像

ログインして全文を読む