小児医療に携わる医師や看護師らが広く意見を交わす日本小児医療政策研究会(代表幹事:東京慈恵会医大遺伝病研究講座教授の衛藤義勝氏)が2月20日、東京都内で開かれた。第6回目となる今回は、「小児医療を担う人材育成緊急戦略−医師、看護師不足をどうする−」をテーマとし、医師や看護師らが現場で起きている様々な問題点を報告した。

日本小児医療政策研究会、「チーム医療」で活発な議論の画像

ログインして全文を読む